光脱毛の仕組み

そもそも光脱毛とはどのような仕組みで脱毛をする方法なのでしょうか?フラッシュ脱毛やフラッシュライト脱毛などとも呼称される脱毛方法で、肌に特殊な光を当てて脱毛をする施術方法です。いきなり肌に光を当てるわけではなく、ジェル状のものをまず肌に塗ってその上から光を当てていくことになります

。光脱毛にも種類があり、一つはインテンス・パルス・ライト(IPL)という方式のものがあります。このタイプの光脱毛は毛の黒い色素に反応して、その毛根の方にある発毛組織を壊すことによって脱毛効果を得る方法なのです。

もう一つはスムース・スキン・コントロール(SSC)という方式で、施術前に抑毛効果があるジェルを塗って、その上から光を当てることで、抑毛ジェルが肌の中に浸透していき、毛の成長を抑制するという仕組みで効果を得るものです。根本的に仕組みが違うので、自分がどの程度脱毛効果を得たいと思っているのか事前によく打ち合わせをして自分に適しているやり方を選ぶようにしましょう。

完全に脱毛処理を終えるまでにはかなりの回数を通わなければいけないかもしれませんが、早い人であれば5回ほど通った時点でかなり毛が薄くなり見た目もきれいな肌になってきますので、どんどんと効果が実感できると楽しみながら施術を続けられるでしょう。